Yahoo、Googleなどの検索エンジンの表示で困っていませんか?

Google検索


便利な機能であるからこそ被害も大きくなる

Yahoo、Googleなどの検索エンジンは、検索する者が調べたい答えを早く見つけることが出来るよう、関連キーワードを自動的に表示するサービス(機能)を提供しています。このような機能をサジェスト機能といいます。

これらの機能は検索者にとっては非常にありがたいサービスなのですが、会社名・商品名・サービス名の検索結果にネガティブな関連キーワードが表示されてしまうと会社としては大ダメージを受けることになります。

例えば、会社名で検索した時に「ブラック」「詐欺」「倒産」などのキーワードがズラッと並ぶと、売上が落ちる、商談の失敗、求人しても申し込みがない、といった事が容易に想像できるはずです。

わざわざ危険を冒してまでも、あなたの会社を選ぼうとする人は皆無でしょう。


例)Googleで検索したとき
Googleサジェスト

対応が遅れると命取りにも

人間は悪い噂に非常に興味を持つ生き物です。このようなネガティブなキーワードが表示されると、調べたい事を後回しにしてでも見てしまいます。一説にはネガティブキーワードの方がポジティブキーワードに比べて3倍以上のクリック率があるそうです。

そうなると負のスパイラルです。検索エンジンはクリック率の高いこれらのネガティブなキーワードを、より求められている情報だと判断し、ますます関連キーワードとして表示させ、それを見た検索者がまた...

この負のスパイラルは出来るだけ早く止めなければ大変な損失を生んでしまいます。

しかも、面倒なことに検索エンジンごとに結果が異なるのです。

例)Yahoo(PC版)で検索したとき
Yahooサジェスト

例)Yahoo(モバイル版)で検索したとき
Yahooサジェスト

例)Googleで検索したとき
Googleサジェスト

もし、それぞれでネガティブなキーワードが表れた場合、別々の対策が必要となります。

YahooとGoogleは異なる対策が必要です。Yahooについても、PC版とモバイル版では表示が異なりますので、別々の対策が必要となります。

検索エンジンは日々進化しているため対策も仕様に合わせて変更する必要があります。そのため自社での対応は難易度が高く難しいのが現状です。

現在、弊社で対策が可能な検索エンジンは以下となります。

3つの検索エンジン


 

サービスに関するお問い合わせは、
お電話またはWebフォームにて承ります。
お困り事なども、お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちら