fbpx

メールマガジン【広報部】

  1. ネット民の特定能力は探偵以上…匿名でも意味がない炎上の仕組み

    SNSに関するトラブルは、想像以上に身近なものです。「まさか自分が遭遇するなんて……」といったタイミングで、炎上するケースも少なくありません。匿名であっても氏名を特定された上に炎上し、一般的な社会生活が難しくなってしまうことも……。

  2. 毎年繰り返される再炎上の恐怖。企業価値を守るための正しい対処法

    ネット社会やSNSの発達と共に、炎上とは決して「対岸の火事」ではなくなってきています。どのような企業にとっても身近な問題であり、またときに、一過性のものだけでは終わらないというリスクもはらんでいます。今回は、過去の炎上案件が、何度も繰り返し話題になってしまう再炎上について解説します。

  3. 企業にとってのエゴサーチのメリットと注意点とは?

    「エゴサーチ」という言葉をご存知の方は、多いと思います。自分の評価を気にして、ネット上で悪評を探したり、個人情報が漏れていないかをチェックしたりすることです。芸能人がエゴサーチした結果、悪口を発見して落ち込んだといった話をテレビでご覧になったこともあるかもしれません。

  4. 新サービスの説明不足で炎上したケース

    反社会的な言動が原因で炎上する事は多くあります。しかし、説明が不十分であったり、間違って伝わってしまったが為に炎上してしまう事も起きてしまうのです。今回は、そんな説明が足りなかった為に炎上してしまった事例をご紹介します。

  5. 容姿差別CMがあからさま過ぎて予想通りの炎上

    TwitterなどのSNSサービスが日常的に使われるようになり、多くの個人・団体・企業などで炎上事件がありました。それらを一つ一つ見ていくことで、どんなことが炎上につながるのか?を導き出すことは、さほど難しいことではないと思います。

  6. 落ち度がなくてもネット炎上した場合の対処法

    火の無い所に煙は立たない、とはいいますが、ネット炎上においては反社会的な行動を自慢する等の分かりやすい「火」もあります。一方で、中にはほんの小さな「火種」だけでネット炎上に繋がってしまう場合もあります。今回はそんな予想しにくい小さな火種から、ネット炎上になった事例をご紹介します。

ページ上部へ戻る