ネットの誹謗中傷で相手を名誉毀損で訴える場合の相談先は?

ネットで誹謗中傷を目にした場合の対処法はさまざまです。もしも、誹謗中傷をした相手を名誉毀損で訴えたいと思っている場合には、どのような場所や機関へ相談するのがベストなのでしょうか?

また、相談した上で、名誉毀損で訴えるのが難しいという場合にはどこへ相談するべきなのでしょうか?

今回は、ネットの誹謗中傷への対処法や、名誉毀損で訴える場合の相談先などについてお話ししたいと思います。

目次

名誉毀損で訴える方法は?

ネットで誹謗中傷を行った人物を、名誉毀損罪に科すには大きく2つの方法があります。

ひとつは、刑事告訴をして刑事罰として名誉毀損罪の処罰を与えてもらう方法です。このような場合の相談先は警察になります。刑事告訴の場合は、警察へ相談をして捜査をしてもらう必要がありますが、必ずしも刑事事件として扱ってもらえるというわけではありません。

また、起訴となった場合でも必ずしも名誉毀損で罰せられるとは限りません。そのため、多くの場合は被害側が、加害者に対して民事訴訟をおこすという形になります。こちらが、名誉毀損で相手を訴える、もう一つの方法になります。

名誉毀損で民事訴訟を起こす場合の相談先は?

名誉毀損で民事訴訟を起こす場合は、弁護士に相談をするのが最もスムーズです。弁護士であれば、訴えるための手順や手続き以前に、名誉毀損で訴える事ができるかどうかなどについても、アドバイスをしてくれます。

しかし、被害側が名誉毀損だと思っていても、ネットに記載された誹謗中傷の内容によっては、名誉毀損で訴える事が難しいという場合もあります。また、訴えたとしても労力に見合わない刑罰にしかならないという事も考えられます。

このような場合、弁護士側から訴える事は得策ではないといわれてしまう場合もあるようです。

ネットの誹謗中傷を名誉毀損で訴えられない場合の相談は?

では、ネットの誹謗中傷で相手を訴えるのは難しいと判断された場合は、どうしたらいいでしょう?

たとえ訴えることはできなくても、書かれた内容を消してもらうことはできるかもしれませんので掲示板などの管理人に申請を出すといいですね。ただし、悪質な掲示板やサイトなど、安易に申請を出すと被害を大きくしてしまうことがあるため、注意が必要です。

その場合は、せめて人目につかない対策もあるのですが専門的な知識がないと難しいと思います。

ネットに詳しくない、自信ないという方は、誹謗中傷対策サービス会社に相談してみてください。電話でもアドバイスを受けられることが多いです。

ケースによっては裁判など時間をかけて対処する必要がないこともありますので、一度相談してみることをおすすめいたします。

解決力に自信あり
お悩みの解消100%依存してください

       

初めて対策する方も、他社で成果が出なかった方も相談は無料です。
まずはお気軽にご連絡ください。

プロの診断で
スピード解決

現状を調査し一番効果的な対策方針をプロが診断します。早急に対策を開始したい方はこちら。

詳細はこちら

お見積り
無料相談

有資格者が御社のトラブル状況をお伺いし、対策の可否、費用の概算、対策期間をお伝えします。

詳細はこちら

会社資料
ダウンロード

弊社のコンセプト、各種サービス内容、費用感をまとめた資料をダウンロード頂けます。

詳細はこちら
   

社員には内密にしたいお問合せは経営者専用窓口へ

経営者専用問合せ窓口
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このコラムは風評被害・誹謗中傷対策会社のソルナ株式会社・広報部から発行しています。

目次
閉じる