風評被害から企業とブランドを守る「カイシャの病院」とは?

インターネット上に潜む企業の病気

情報収集も情報発信も簡単になった今、誰もが無関係でいられないリスクがあります。

それがネット時代における企業の病気、風評被害です。

風評被害が引き起こす、深刻な経営リスク

風評被害は企業にさまざまな問題を引き起こし健康経営を脅かします。

また、インターネット上では瞬く間に情報が拡散するため、状態が急変し、深刻なダメージとなることも。

「カイシャの病院®」というコンセプト

企業が“健康に”事業を行えるよう、拡大化する予期せぬ風評被害から守りたい。』

そんな想いから生まれた “カイシャの病院” というコンセプト。インターネット上の風評リスクが高まる中で、人と同じように企業も病気や不調になる。そんな時に最も頼りになる存在として、企業とブランドを守るために全力でサポートします。

問題解決までの最短ルートを必ず明確にします

実績のあるITのエキスパートがネット上の風評被害、誹謗中傷に対し、被害をもたらすであろう書き込みを見つけ出します。ネットの隅々までを調査してあらゆる角度から会社へ与える影響を予測していきます。

調査をもとに問題解決までの最短ルートを提案し、スピーディに解決へ導きます。また、内容によっては弁護士をご紹介いたします。

ページ上部へ戻る