fbpx

お知らせ

マンションデベロッパーの風評対策事例

新年早々、またもやTwitterに投稿した内容が原因の炎上騒ぎがありました。

芸能人カップルが勤務先に来店したと自慢した人物が、Twitterに投稿したところ発見されて、炎上した事件です。

「今日仕事で○○と○○夫婦接客した。いきなりの出来事に手の震え止まらなかったw そしてついツイートしちゃった!!!!」

話題の多いのカップルであることから、ものすごい勢いで炎上、拡散しました。Google、Yahooともに「バカッター」と検索するとサジェストに芸能人の名前が表示されることからも検索回数の多さがわかります。

投稿した本人の名前、勤務先、顔写真だけでなく前職や家族写真までがネット上で公開される騒ぎになっています。

当然、勤務先の責任を問う声も上がります。宅地建物取引業法の「秘密を守る義務」という項目に抵触するといった指摘も相次ぎ、勤務先およびフランチャイズ本部も謝罪する事態になった。

こうした問題が起こらない対策は当然ですが、起きた後の早急な対応にも備えておきたいものです。

マンションデベロッパー業界の対策事例

さて、今回は弊社がこれまで風評対策を担当しました事例の一部を紹介したいと思います。

守秘義務の関係から具体的な社名などは公開できませんが、業種や企業規模、対策前の被害状況、対策内容、対策後の影響などについて紹介します。

今回は、マンションデベロッパーの企業様の対策実績の紹介です。

業種:マンションデベロッパー
従業員:約160名
売上:約180億円

●Before

社名をGoogle、Yhaooで検索すると、「社名 悪徳」、「社名 詐欺」等の関連ワードが表示されており、企業のイメージが非常に悪いだけでなく、クリックすると掲示板サイトの誹謗中傷が羅列している状況でした。

特にお困りだったことは、申込後にご家族の方が会社名を検索して、「悪徳」「詐欺」といったキーワードを見て不安になり、さらに掲示板を見て「やっぱり止めます」というケースが多く発生していることでした。

●After

現在は内諾後のキャンセルはほぼなくなり、契約決定率もUPしているとのことです。

因みに、この対策後、年間で契約数が約60戸増となり、社内のモチベーションも上がっているということで、とても喜んでいただきました。

関連記事

ページ上部へ戻る