fbpx

お知らせ

写真投稿でまさかの情報流出

可愛いスイーツや新商品をスマートフォンで撮影し、「○○めっちゃ美味しかった( *´艸`)」など一言感想を添えてSNSに投稿する…。

若者の間では「よくある」ことですが、その中に機密情報が映り込んでしまった事件がありました。

2015年1月、姫路市資産税課の女性職員が、庁舎内の机上で飲み物などを撮影し、何気なくツイッターに投稿。なんとその中に、企業の財務関連書類が映り込んでいました。

数週間後に漏洩を指摘する匿名メールにより事態が発覚。その職員は、書類から情報が漏洩する可能性に気付いていませんでした。

姫路市は謝罪し、職員の処分を行いました。インターネット上での情報流出など再発防止のため、研修などで個人情報の管理を徹底すると声明を出しています。

自覚なしに投稿する危険性

以前の情報漏洩事件といえば、事件謝礼を目的に探偵社に個人情報を提供した事件や入札情報漏洩の汚職事件などが挙げられます。漏洩した本人は、漏洩したという自覚を持ってのことです。

しかし、今回の事件では、本人は無自覚なままインターネット上に機密情報を漏洩していたのです。その後、同職員は過去にも辞令や自身の残業申請書類もSNSに投稿していたとのことが判明しました。

事件当時19歳でいわゆる「デジタルネイティブ」世代でした。ネットを使う能力はあっても情報リスクについての認識は別物であるという事例といえます。

SNS利用者は年々増加しており、総務省の平成27年版情報通信白書によるとFacebookは35.3%、Twitterは31.0%、Instagramは6.0%の人が最近1年以内に利用したことがあると回答しています。

特に20代以下の利用率はTwitter52.8%・Instagram16.0%と高く、「デジタルネイティブ」世代と言われるとおりですが、SNS上でのトラブル経験も74.0%、他の世代よりは少ないとはいえ、「自分の意志とは関係なく、個人情報、写真など公開されてしまった」などの経験があるようです。

にもかかわらず、不注意から情報漏洩事件はおこりました。写真を投稿するInstagram利用者が急増している昨今、写真に写ってはいけない情報が見過ごされて投稿される事件はさらに増えることが予想されます。

インターネットは誰でも閲覧出来る「公の場」です。それゆえ発信する情報には最大の注意を払わなければなりません。

最近では職場への個人端末の持ち込み禁止や、誓約書の提出を求める企業が増加しています。それも有効な対策ではありますが、事前に正しい知識を得ることで、リスクは未然に防げるもの。

思いがけなく加害者や被害者になる可能性があるのがネットの世界です。適切な行動を自ら判断出来るようになる、そのための教育を実施することこそ抜本的な解決でることは言うまでもありません。

ソルナ株式会社では、風評の「予防接種」として、法人様向けにe-learning、研修サービスもご用意しております。お気軽にお問合せください。

関連記事

ページ上部へ戻る