fbpx

お知らせ

食べログの相次ぐ炎上から見えてくるモノ

月間7,400万人以上が利用していると言われている、国内最大のグルメサイトの「食べログ」

口コミにより飲食店をランキング付けするというスタンスと知名度の大きさで、順位や評価の不透明さが話題になることが以前から度々ありましたが、またも炎上する事態が起こりました。

今回の炎上の発端は9月6日、都内に複数の飲食店を経営する人のツイッター投稿によるものでした。

「自身の経営する飲食店での食べログの点数が突然下がった。食べログ担当営業から『ネット予約機能を契約しないと検索の優先順位を落とす』と連絡があった。」という内容。

さらにこの投稿を受けて、複数の飲食店からも「ウチも急に点数が下がった」「ウチにもネット予約契約しないと順位が下がるという説明があった」という連鎖的な投稿がされたこともあり、食べログの星の数は契約によって操作されているのではという噂が瞬く間にインターネット上に広がり、炎上事件となりました。

炎上事件の原因と影響

食べログ側は翌9月7日、「10月以降はネット予約を利用している店舗が検索結果の広告枠に優先表示される仕組み」を発表。

「点数を算出するアルゴリズム(計算方法)の変更があったタイミングと、広告商品改訂のタイミングが重なり、説明が混同されてしまったのではないか。」と弁明、恣意的なスコア・ランキングの操作を否定しました。

しかし、飲食店の点数付けのアルゴリズムが非公開である以上、「恣意的に順位を操作しているのでは」という疑惑を完全に払拭することは難しいようです。

炎上を不安視した株式市場では、9月7日、食べログを運営するカカクコムの株価が一時、前日比-10.7%も下落しました。最近ではSNSの炎上に株式市場も敏感に反応します。

インターネット上では、「食べログは今までも不透明な運用をしているのだから、何をいまさら騒ぐのか」「こういったランキング付けサイトは話半分に信用するべき」といった冷静な意見も多く見られ、サイトの信用性を損なう事態になりつつあります。

炎上事件の発端となったツイッターを投稿した飲食店経営者は、順位付けの不透明さ、営業からの説明の曖昧さが依然として改善されず、結局、契約更新はしなかったということです。

基本的に飲食店側から収入を得て「広告による情報」を載せているスタンスの他のグルメサイトとは異なり、食べログは「ユーザーから集めた情報」を反映しているからこそ「人気」と「信頼」を大きく集めて成長し、飲食店の経営に大きな影響力を持つようになりました。

その多大なる影響力を鑑みれば、「独自のアルゴリズム」といった曖昧なものではユーザー、顧客ともに納得させるのは難しいでしょう。今回の事件のみならず今後も継続的に運営方針に関する情報公開の必要があるのではないでしょうか。

新聞やテレビなどのメディアに続き、インターネットもソーシャルメディア化し、社会に対する影響力は次第に増大しています。情報の発信においては、公平性・中立性を常に心がけねばなりません。

関連記事

ページ上部へ戻る