fbpx

お知らせ

ゴキブリ混入事件、回収・公表もせずで大炎上

なぜ異物混入による炎上事件はいまだに無くならないのでしょうか。

今度はツナ缶に虫が混入していたという事件が炎上に発展しました。

昨年10月13日、山梨県甲府市のスーパーで、はごろもフーズの製造するツナ缶「シーチキンLフレーク」を購入した客から、販売したスーパーに「ツナ缶にゴキブリが混入していた」という届け出がありました。

スーパーから連絡を受けたはごろもフーズが商品を調査したところ、ゴキブリはイタズラ等で後から入れられたものではなく、製造過程で混入したものと分かったため、はごろもフーズの担当者が購入した客に謝罪をしました。

しかし、はごろもフーズは「商品が製造されてから2年近く経っており、他に同様の申し出が無い為、他商品への混入は無いと判断したので、公表や自主回収をする考えはない」としました。

この「公表も自主回収もしない」という対応がニュースで取り上げられ、批判を浴びることになりました。

異物混入発覚からその後の対応

さらに、このゴキブリ混入のあったツナ缶を製造していた工場では、他のツナ缶の中にハエが混入していたことが発覚、また別の工場ではフルーツの缶詰にクモとみられる虫が混入していたことも分かりました。

いずれも製造工程での混入であることが確認されており、一挙に複数の問題が明るみに出る事態となったのです。

こうした状況を受け、最初の混入発覚の2週間後にようやく、ホームページに謝罪文を掲載し、翌日にゴキブリとハエの混入があった工場の生産ラインの休止を発表しました。

このように、すべてが後手となってしまった対応により、不信感を持った人達からの「もうここのツナ缶は買えない」「買い置きしていたけど気持ち悪いから全て捨てる」「どれだけ汚い環境で作っているのか」といった投稿が溢れる結果となりました。

食品を人が製造している以上、いくら気を付けていても異物混入をゼロにすることは不可能なことかもしれませんが、それが起きたときの対応を間違えないようにすることは不可能なことではないはずです。

2年前にトラブルが相次ぎ業績不振に陥ったマクドナルドでは、昨年12月に異物混入の申し出があった顧客に対し、1時間後には謝罪に出向いたという機敏な対応が「神対応だ」と話題になり、炎上事件には至りませんでした。

過去の異物混入での炎上事件をみると、必ずといってよいほど初期対応の悪さが炎上の一因となっています。

初期対応が悪いと、その後にいくら正しい対応をしても印象の悪さはSNSによりとてつもない速さで世界中に拡散してしまいます。

以前であれば、よほどのことがない限り異物混入は個別対応が当たり前だったかもしれません。

しかし現在のSNSによるマイナスイメージの拡散力、そして株価の下落、信用の失墜といった事態がいくつも起きていることを考えると、旧態依然とした対応ではなく、時代に即した「機敏で誠実な対応」ができる会社が、生き残っていくことでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る