お知らせ

ネットリテラシー欠如から必然的に起きた炎上

なぜ炎上事件はなくならないのでしょうか。その原因を解くカギは「社員教育」なのかもしれません。
今回はネットリテラシーが欠如していたことによって必然的に起きてしまった炎上から教育の重要性を考えてみたいと思います。

無知が引き起こす炎上

先月、ある地方都市の市長が、市民病院の医療費滞納金の精算をお願いしに、病院職員と共に市内外の医療滞納者宅6カ所を訪問しました。

その際の、市長が滞納者宅のドアノブに手をかけている姿などを職員に撮影させた5枚の写真を、市長自ら「滞納金を精算してくれる様お願いをしました」という文面と共に自身のフェイスブックページに投稿しました。

しかしこれを見た知人の弁護士や別の病院職員から、滞納者の住所が特定される恐れがある、と指摘があり、市長はその後写真を問題の無いものに差し替えましたが、その後の市の本議会で「慎重な行動を求める申し入れ書」を市議会から市長に出されてしまい、結果的に新聞などのニュースにもなり、取材に対して市長はプライバシーに配慮したつもりだったが反省しているという内容のコメントを出しました。

またこの市長は2か月前にも災害地で被災者用の簡易ベッドでピースサインをして横になっている写真をフェイスブックに投稿したことが批判されて削除していたばかりでした。

炎上事件の考察

今回の炎上では、市長という社会的に重要な立場にある人間が起こしてしまったものになります。もちろん少し考えればこれだけの立場にいる人間がこのような炎上事件を起こせば、市長自身は当然ながら、市議会や、市全体の信頼が損なわれる可能性があることは分かるはずです。それにも関わらず短期間で2回も炎上するようなことを起こしてしまったというのは、ネットリテラシーが足りないとかではなく「欠如」しているのかもしれません。

市長にまでなるような人物であれば、これまでに様々な教育を受けてきて高い知識と知能があるはずです。

しかしネットリテラシーに関して、特にネット炎上については最近出てきた問題であり、いくら社会的に高い地位にあっても、専門の教育を受けていない、ということも充分に考えられます。

つまり、社会的地位が高い人間であってもネットリテラシー教育は必ず必要、ということです。

弊社「炎上検定」の紹介

このようにネットリテラシー教育の重要性が高まってきている中、弊社の「炎上検定」という新しいサービスが注目されています。

これはSNS全盛の現代において、不用意な情報発信で起こり得る炎上事件や、それに伴う顧客の減少や、ひいては経営不振にまで繋がる、というリスクを知識としてただ学ぶだけでなく、研修として継続学習・理解度テストを行い、さらに本人による合意書を残すことによってこのようなリスクがあることを「知らなかった」という言い訳が出来ない環境を作ることができるのが「炎上検定サービス」です。

不用意な書き込み、リスクのある書き込みをさせないことで、会社だけでなく社員自身も守ることに繋がります。

ネットリテラシーの欠如による風評被害は誰にでも起こり得ることなので、一般社員の教育はもちろんのこと、アルバイトやパート、そして管理者、幹部であろうと必ず行う必要があります。

会社としては「炎上検定」のようなただ知識を与えるだけなく、知識が身に付いてかつ実践できるようなサービスを教育に選ぶことも重要ではないでしょうか。

業界初「炎上検定」サービスの概要

関連記事

ページ上部へ戻る