fbpx

お知らせ

ネットの誹謗中傷対策が、なんと保険の対象に!月額1000円程度から

ひとたびネットで誹謗中傷や、悪質な書き込みのターゲットになった場合、
その対策には大きなコストと手間がかかるのは避けられない。

今年8月23日、ドイツのMDR放送局(MDRinfo)が報じた情報によると、
フランスの保険会社2社が、「ネットいじめ保険」なる保険プランを提供しているそうだ。

その2社とは、アクサとスイス・ライフの2社。

インターネットサイトに悪質なコメントや誹謗中傷、個人的な写真など投稿された場合に、保険会社が専門会社を雇って、消去するように働きかける、というもの。

また、専門会社では、クライアントの肯定的な情報が、検索エンジン上位に来るようにも働きかける、とされている。

コンピューター関連誌『c’t」』のジョー・バガー氏によると、「ウェブサイト上で特定の名前を後ろのページに出てくるようにすることは、技術的に可能。ただし、非常にコストがかかる」と述べている。

保険料は、アクサが月額17ユーロから、スイスライフ(フランス支店)は、月額10ユーロから。詳しくは明らかではないが、保険でカバーされる金額は1万ユーロと報じられている。

ただし、ドイツの消費者保護の専門家は、保険でカバーされる金額が1万ユーロでは安すぎると、懐疑的に見るなど、ネットの誹謗中傷に対する保険が高いとされるか、安いとされるかは、消費者の判断が待たれるところだといえそうだ。

関連記事

ページ上部へ戻る