YahooやGoogleに変なキーワードが出て困っている

Yahoo、Googleの関連キーワードの相談を多く頂いています

ソルナでは以下のようなあらゆるトラブルを対策してきました。

  • 「会社名」「商品名」「サービス名」を入力すると検索窓に印象の悪いワードが自動で出てくる
  • 「会社名」「商品名」「サービス名」で検索した結果のページに、関連ワードとして印象の悪いワードが出てくる

  • 商品が売れなくなる
  • 採用で人が集まらない
  • お客様に取引を断られる

便利な機能であるからこそ被害も大きくなる

Yahoo、Googleなどの検索エンジンは、検索する者が調べたい答えを早く見つけることが出来るよう、関連キーワードを自動的に表示するサービス(機能)を提供しています。このような機能をサジェスト機能といいます。

これらの機能は検索者にとっては非常にありがたいサービスなのですが、会社名・商品名・サービス名の検索結果にネガティブな関連キーワードが表示されてしまうと会社としては大ダメージを受けることになります。

例えば、会社名で検索した時に「ブラック」「詐欺」「倒産」などのキーワードがズラッと並ぶと、売上が落ちる、商談の失敗、求人しても申し込みがない、といった事が容易に想像できるはずです。

わざわざ危険を冒してまでも、あなたの会社を選ぼうとする人は皆無でしょう。

例)Googleで検索したとき

対応が遅れると命取りにも

人間は悪い噂に非常に興味を持つ生き物です。このようなネガティブなキーワードが表示されると、調べたい事を後回しにしてでも見てしまいます。一説にはネガティブキーワードの方がポジティブキーワードに比べて3倍以上のクリック率があるそうです。

そうなると負のスパイラルです。検索エンジンはクリック率の高いこれらのネガティブなキーワードを、より求められている情報だと判断し、ますます関連キーワードとして表示させ、それを見た検索者がまた…

この負のスパイラルは出来るだけ早く止めなければ大変な損失を生んでしまいます。

しかも、面倒なことに検索エンジンごとに結果が異なるのです。

例)Yahoo(PC版)で検索したとき

例)Yahoo(モバイル版)で検索したとき

例)Googleで検索したとき

もし、それぞれでネガティブなキーワードが表れた場合、別々の対策が必要となります。

YahooとGoogleは異なる対策が必要です。Yahooについても、PC版とモバイル版では表示が異なりますので、別々の対策が必要となります。

検索エンジンは日々進化しているため対策も仕様に合わせて変更する必要があります。そのため自社での対応は難易度が高く難しいのが現状です。

現在、弊社で対策が可能な検索エンジンは以下となります。

その病気、ブランドドクターが治療できます

ソルナでは内閣府認証NPO法人日本リスクマネージャー&コンサルタント協会が認定した風評被害対策専門の資格「ブランドドクター1級」を取得したプロフェッショナルが下記のような治療でお客様の悩みを対策します。(風評対策の専門資格「ブランドドクター」とは?

  • 投稿の非表示化コンサルティング
  • ポジティブなサイトを上位に表示

また対策後に同様の問題を起こさない為の再発防止策まで徹底サポート。

  • ネット上の風評を常に監視
  • 自社で解決する為のノウハウ提供
  • 不適切な投稿を未然に防ぐ社員教育マニュアルの提供
  • 退職者が退職を決意した本当の理由を調査
  • 入社前の身元調査でトラブルを回避

ソルナが選ばれる4つの理由

問題解決までの最短ルートを必ず明確にしてみせます

実績のあるITのエキスパートがネット上の風評被害、誹謗中傷に対し、被害をもたらすであろう書き込みを見つけ出します。ネットの隅々までを調査してあらゆる角度から会社へ与える影響を予測していきます。

調査をもとに問題解決までの最短ルートを提案し、スピーディに解決へ導きます。また、内容によっては弁護士を紹介します。

関連商品

  1. 会社のことで書かれて困っている

    ・採用で人が集まらない
    ・お客様に取引を断られる
    ・銀行から貸付を断られる
    ・コンプライアンスを疑われる

  2. 商品やサービスの評判で困っている

    ・商品が売れなくなる
    ・お客様に取引を断られる
    ・営業活動が出来ない

  3. 経営者、役員が悪質な嫌がらせを受けて困っている

    ・誹謗中傷が更に転載され、被害が拡大する
    ・現実の交友関係に支障が出ている
    ・安心して生活が出来ない

  4. 対策を他社に依頼したがうまくいかない

    ・企業イメージの低下
    ・悪影響の長期化
    ・企業体力の衰退

  5. 退職した社員の書き込みで困っている

    ・採用で人が集まらない
    ・内定者の辞退が増える
    ・求人広告が出せなくなった
    ・労基に見られて摘発される

ページ上部へ戻る