ネット掲示板で誹謗中傷を見つけた場合は名誉毀損で訴える事は可能?

匿名性の高いネットの掲示板などで自社や特定の個人に対する誹謗中傷を目にした場合、当然ながら相手に対して何らかの処罰を与えたいと思うのは当然のことだと思います。

このような誹謗中傷が認められる場合には、その書き込みした人物を相手取り、名誉毀損で訴えることはできるのでしょうか?

今回は、このような疑問に対して説明をしていきたいと思います。

目次

ネット掲示板の誹謗中傷が名誉毀損にあたるか判断するには?

ネット掲示板の書きこみが、名誉毀損に当たるものなのかを判断するには多くの法的知識や判断が必要になります。被害を受けている当事者側がいくら名誉を傷つけられたと感じていたとしても、裁判を起こして判決が下るまで、素人にはどのような刑罰が下るのかわかりません。

このように、誹謗中傷が必ずしも名誉毀損に当たるとは限らないため、弁護士など詳しい知識をもつ専門家に判断をしてもらうことが適切だと言えるでしょう。

ネット掲示板で誹謗中傷をした人物を名誉毀損で訴える事は可能?

当然ながら、名誉毀損に当たるものだと判断されれば、ネットの掲示板にて誹謗中傷を行った相手などに対して訴える事が可能です。このような場合には、民事訴訟を起こす形となりますので、同様に弁護士へと相談するとよいでしょう。

しかし、中には名誉毀損などで相手を訴えても、罪に問えないというケースや、訴えても大した罪に問えない場合などもあるでしょう。また、掲示板に書きこんだ人物の特定まで時間がかかり過ぎたり、何度も裁判を行うなど、トータルでみて非常に時間がかかってしまうという場合がほとんどです。

当然、判決が出るまでは誹謗中傷の書き込みは削除などの対象にならず、その間はそのままになります。このように裁判などによる、問題の長期化を避けたいという人も少なからずいるため、弁護士と相談したのちに、名誉毀損で訴える事をしないという判断をする場合もあります。

ソルナは風評被害から会社を守るカイシャの病院®です

「企業が健康に事業を行えるよう悪質な風評被害を根治する」そんな想いから生まれた”カイシャの病院®”というコンセプト。内閣府認証協会認定の資格を持ったプロが一時的な対処療法ではなく風評被害を再発させない根本治療を目指します。

圧倒的な対策成功率と再発防止率の理由を動画で解説していますので是非ご覧ください。

初めて対策する方も、他社で成果が出なかったという方も相談は無料です

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このコラムは風評被害・誹謗中傷対策会社のソルナ株式会社・広報部から発行しています。

目次
閉じる