MENU
メニュー

キーワード自動通知ツール

キーワード自動通知ツール

Googleサジェスト(細字のもの)

Google関連ワード(太字のもの)

対策のプロがまず確認する数値とは

弊社ではお客様から相談された際、まず確認するのがトラブルキーワードの影響力です。影響力とはこちらの計算式で算定します。

影響力 = キーワード危険度 × 露出度 × 日数

危険なワードだけど露出回数が少ない。逆に危険度が低いワードだけど複数箇所に毎日表示されているケースもあります。これらを総合的に分析し対策の優先順位を判断しています。

危険度露出度日数
詐欺、ブラックと表示されたら営業面、採用面でマイナスになる。
弊社では5000以上にもなるネガティブキーワード毎に点数をつけている。
表示されている箇所。パソコン、スマホ、Google、Yahoo、関連ワード、サジェストワードを組み合わせた全8ヶ所のうち、何ヶ所かに出ているか。トラブルキーワードが表示されている日数。関連キーワードは刻々と表示される内容が変化します。
当然毎日表示されると影響力は高くなります。

メールサンプル

なぜ定点観測が必要なのか

表示されているトラブルキーワードの影響力を知っておくためです。対策したいキーワードが毎日でるものもあれば、たましか表示されないものもあります。また会社に悪影響を及ぼすご自身の気づいていないキーワードが複数出ている可能性もあります。対策したいワードより気づけていない危険なワードが毎日出ていることもよくあるケースです。

ソルナのスタンス

とにかく急いでいる方は無料相談を活用ください。
対策を検討中の方は是非対策ワードの定点観測をお勧めします。
どこに、どんな形で、どれ位の頻度で出ているのかを認識しておくと、対策を始める時に対処しやすくなります。

お気軽にご登録ください!