風評被害対策
誹謗中傷対策

企業にとって、Web上の誹謗中傷対策は、ブランドの保護と信頼の維持に不可欠です。
ネット上の否定的な評判は瞬く間に拡散し、企業のイメージや業績に深刻な影響を与える可能性があります。企業は信頼性を保ち、顧客との関係を守るためだけでなく、社会的責任を果たすためにも、必要な対策を講じる必要性が浸透して来ました。企業が長期的な成功と持続可能な成長を実現するために不可欠な対策となっています。

導入の流れ

  1. 状況ヒアリング及びご契約
    まずは当社コンサルタントが現状をヒアリングし、現在の課題と解決策をおまとめします。 条件面をすり合わせ、ご契約に進みます。
  2. プロジェクトキックオフミーティング
    プロジェクト推進担当コンサルタントが、今後の流れをご説明、推進します。 貴社にも担当者を選任いただくケースもございます。
  3. 各種プロジェクト推進
    プロジェクト推進担当コンサルタントが主導して、各種プロジェクトを推進します。
  4. 定例報告会
    随時、各種プロジェクトの進捗報告とその後の対応についての報告、議論の場をいただきます。

導入実績

その他のソリューション

風評被害対策
誹謗中傷対策

企業にとって、Web上の誹謗中傷対策は、ブランドの保護と信頼の維持に不可欠です。
ネット上の否定的な評判は瞬く間に拡散し、企業のイメージや業績に深刻な影響を与える可能性があります。企業は信頼性を保ち、顧客との関係を守るためだけでなく、社会的責任を果たすためにも、必要な対策を講じる必要性が浸透して来ました。企業が長期的な成功と持続可能な成長を実現するために不可欠な対策となっています。

上場直前/
M&A直前企業向け

上場やM&Aの成功と、Webリスクマネジメントは、もはや切り離すことのできない、非常に重要なものとなっています。
大きな取引が成功する直前でのインシデント発生は、証券会社や金融機関が最も忌避する「信用棄損」にあたり、企業にとっては想像を遥かに超えるダメージとなることがあります。些細なことが命取りとなることが無いよう、経験豊富なメンバーが全力でリスク回避の支援を致します。

ネットリテラシー研修

ネットリテラシー研修サービスは、インターネットの安全な使用と情報の適切な評価方法を教育するプログラムです。
この研修では、オンラインでの個人情報保護、信頼できる情報源の識別、デジタル足跡の管理、フィッシング詐欺やサイバー脅威から身を守る方法に焦点を当てます。
参加者は、デジタル環境での責任ある行動と批判的思考能力を養います。

E-learning

社内に向けて作成されるガイドラインは、目的を鑑みればできる限り判断のグレーゾーンを減らし、問題があるとされる範囲を提示するのが望ましいとされています。
そのため当社では、事例に基づき、オンラインの風評リスク管理、知的財産権の保護、プライバシー遵守を重視し、企業と従業員の双方にセキュリティと信頼性を高める行動ができるよう、指針の策定を支援致します。

SNSガイドライン策定

社内に向けて作成されるガイドラインは、目的を鑑みればできる限り判断のグレーゾーンを減らし、問題があるとされる範囲を提示するのが望ましいとされています。
そのため当社では、事例に基づき、オンラインの風評リスク管理、知的財産権の保護、プライバシー遵守を重視し、企業と従業員の双方にセキュリティと信頼性を高める行動ができるよう、指針の策定を支援致します。

お問い合わせ

第一線で活躍している有資格者(ブランドドクター)が、トラブルの状況をお聞かせ頂き、解決までのおおよその日数、費用感をお伝えします。初めて対策する方、他社で成果が出なかったという方も、お気軽に相談ください。

当社は法人様専門の対策会社でございます。個人様のご相談はお受け致しかねますのでご了承ください。

【個人様の相談を受け付けている公的機関】
違法・有害情報相談センター

お急ぎの場合は、お電話にて連絡いただきますと早急に対応させていただきます。

【電話番号】 0120-934-515(受付時間:平日10:00~18:00)

※法人様専用。個人の方は受付けておりません

  • プライバシーマーク認定事業者として個人情報を適切に取り扱う体制を維持、強化しておりますのでデリケートな内容も安心してご相談ください。
  • 全ページに暗号化技術のSSL(セキュア・ソケット・レイヤー)を導入しております。入力されたデータは暗号化され送信されますので、安心してご利用ください。